新垣隆という音楽家(佐村河内守共作者)

世間は少し小保方さんの方に向いているので
佐村河内(というか新垣)氏のことを少し・・・
余り人の批判はしたくないので僕なりの考えを書いてみようと思います。
(文中呼び捨てにしているのはこの両人を良いとは思っていないからです)

世の中に「ゴーストライター」は文・音に問わず多くいます。
僕は去年末、佐村河内のことを特番で知りました・・・
本やCDはもちろん露呈される前に購入しています。

事実発覚前にCD「交響曲第1番HIROSHIMA」を聴きました。
事実発覚前に「交響曲第1番」を読みました。
その2つの読み聴きで感じたことは・・・

音楽はあまりにもスケールが大きすぎて、その中に近代音楽は聴こえてくるものの、なんだか「ブルックナー」を彷彿させるなあ・・・

本は・・・僕がこの著者(佐村河内)だったら・・・もしかしたら「人を辞めてるかも」と思った。

そして、今年2月その事実が徐々に発覚し、佐村河内・新垣が記者会見を開き・・・

本については・・・僕は読書家ではないので、事実でなくてよかった・・・としか思いませんでした。
ただ、よくもまあこれだけ「できすぎくん」な文章が書けたなあって・・・
これがウソというにはできすぎです。
要は佐村河内をフィクション作家として見ればいいんだ・・・と思いました。

音楽について
これは、「HIROSHIMA」に限ってだけですが、新垣という音楽家が一人で作ったとは思えません。
それは、この音楽のスケール感が佐村河内を物語っているからです。
なるほど、曲の構想・指示書(元のタイトルは現代典礼)があり建築物で言えばデザインや設計図面が用意されていたから、建築家が建物を建てられたと思えるからです。

佐村河内はたしかに今となっては胡散臭いですが・・・あの曲のデザイン・設計図を描いた人と考えれば、「HIROSHIMA」は新垣と佐村河内の共合作と思えるのです。

騙されたとか騒いでいる人もいるとは思います。
実態として被害に遭ってるところもたくさんあるでしょう。

なぜ、バレたか?
フィギュアスケートの高橋大輔さんがソチで使用した曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」
この曲は佐村河内が作曲したとして新垣が義手のヴァイオリン少女(みっくん)に送った曲。
ソチの前にみっくんの家族に新垣が「この曲は自分が作ったもの」と言ったことを
週刊文春のライターが聞きつけ記事になったことがきっかけ。


でも・・・彼らは言わばその共合作で人生のピークを迎え世間に知らしめたのですから目的を果たしたのだと思っています。

音楽評論家は「ゴーストライター作」になった途端酷くこの曲を非難し・・・

わかります・・・耳の聞こえない「現代のベートーベン」の作だから素晴らしい曲と言わないといけなかったのでしょう。

でも・・・その音楽は映像でも音でも残っています。

もしかしたら100年後にはこの曲がそういう「忌まわしい」話題抜きで絶賛されているかもしれません。


それにしても・・・新垣さん・・・うまいことやりましたね^^v
この一件がなければずっと電子ピアノ相手に埋もれてしまっていたでしょうからw
新垣隆は現代音楽家ですが、これほどの調性音楽が書ける才能はもったいない!
だから・・・よかったね^^v


交響曲第1番「HIROSHIMA」第3楽章後半がyoutubeにありましたので貼り付けておきます。
NHKのものだと思いますが、いつかエラーになるかもしれません。
曲が終わったあと「ブラボー」の嵐、スタンディングオベーション・・・
僕はこの曲に送られたものだと信じています^^;



写真1は佐村河内の作曲指示書(作曲依頼の時はこういうものは普通に実在します)
shiji


写真2は本とCD(2枚中未開封のもの)
samura1

団伊玖磨 混声合唱組曲 筑後川より

混声合唱組曲 筑後川
作詞:丸山 豊 作曲:團 伊玖磨

第1楽章 みなかみ
第2楽章 ダムにて
第3楽章 銀の魚
第4楽章 川の祭
第5楽章 河口〜フィナーレ

小学校6年生の時から6年間いた混声合唱団の定期コンサートで一番最初に歌った合唱曲です。

和音階が自然になじんで終曲のフィナーレ(河口)では、未だ見たことのない筑後川を想像して感動していたことを思い出します。

第5楽章 河口(フィナーレ) MIDI(DTM) 1996年制作 歌詞付

QSLカード from Argentina

なんと14年前のアルゼンチンとの交信のQSLカードが届きました。
アルゼンチンは長い無線歴の中で3局目で、この局とはQRP5Wでの運用でした\(^o^)/

それにしても14年は長すぎでしょw

でもよかった(^∇^)image

翌日2000年3月26日交信のチェコ(旧チェコスロバキア)からのカードもいっしょに来ました(*^_^*)
image

夢は叶うもの!Dream comes true!チャイ5

夢は必ず叶います!
もちろん想い続けることと・・・その努力とで

チャイコフスキー 交響曲第5番 全楽章 youtubeアップ!

2007年1月のライブ録音
C.C.Lemonホール(現渋谷公会堂)
2000キャパの8割の観客でした^^!

惑星〜ジュピター ライブ 題名のない音楽会

昨日(2月23日)の「題名のない音楽会」は
ホルスト〜ジュピターの話題で平原綾香さんの
ロンドン取材&歌でした。
ジュピター惑星100年!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
livedoor 天気
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ