高田三郎 作曲 高野喜久雄 作詩
混声合唱組曲 「水のいのち」1.雨 2.水たまり 3.川 4.海 5.海よ
この曲と出会ったのは僕が小学校5年生の時で地元の合唱団で「意味不明な詩」の曲が定期コンサートのプログラムだった。
今も難解ではあるけれど、いのちとはソウル(魂)のこと・・・ということがわかったのは相当時間を要した。
高田三郎先生は2000年に帰天されたが今なお合唱曲の代表曲である。
1996年に趣味でやっていたディスクトップミュージック(DTM)(MIDI)で合唱団練習用に作成した。
45年関わってきた曲でもある。
歌詞テロップ付でyoutubeにアップした。
高田三郎先生が自ら「水のいのち」を解説している。・・・・解説こちら

     水のいのち 全曲 DTM版 


     女声合唱版(ライブ録音) 1.雨