第7番

不滅のAllegretto(アレグレット)

「不滅のAllegretto」と呼ばれています。

曲想からも重い感じで何となく「葬送曲」を思わせますが・・・

第7番の本番は3回振っていますが、2楽章は本当に悩みます。(本番でも???と思っています)
それはAllgrettoアレグレットという表記です。

テンポこそAndanteに重複するテンポですが、まずはAndanteから理解しないといけません。
Andanteアンダンテという表記を現在は「ゆっくり」と解釈されがちですが、本来、軽い曲調を示すもので、決して「ゆっくり」ではないのです。もちろん「ゆったり」でもありません。
テンポも「歩く」ようなステップなのです。「軽い」のです。

すると、Allegrettoはどうでしょう。
テンポこそ(ここでいうテンポとはメトロノームのことです)アンダンテぽいのですが、実は文字通りAllegroアレグロの仲間でAllegroと同じ重心でAllrgroより遅い・・・というだけで、決してAndanteと同じ性質でもないのです。

なので、「葬送」でもないし、かといって単調でもなく、どちらかというと中世教会での儀式で使われるような響きをベートーヴェンは求めたのではないかと・・・僕は思っています。

と、こんな日記・・・なんやねんって感じですね^^;

ふと、動画整理してたらこのリハーサル風景が出てきて・・・
ちょっと書いてみました^^;

第2楽章リハーサル風景をyoutubeにうpしました^^

ベートーヴェン 交響曲第7番 第2楽章 Allegretto

本番があれば必ず練習があるのです^^

クラシック・オーケストラの演奏会(コンサート)ってすごく品格があって華々しくて^^


なんか、ドレスコードがあったり、子供入れなかったり、下手な場所で拍手できなかったり・・・
演奏してるのはオーケストラ(団員)なのに、指揮者がその拍手を独り占め(笑)
   招待チケットもらったけど・・・・
      曲知らないし・・・・

元々、西洋の音楽。日本人の心に沁みついている音にクラシック音楽はなじまないようにできています。

クラシック音楽(ここで言うクラシックというのは近代音楽は含みますが現代音楽は含んでいません)は、一部の・・・ごくごく一部のこだわりのあるクラシックファンのためにあると言っても過言ではありません。

これでは、クラシック音楽のすそ野を広げるなんて、個人の努力ではどうにもならないのです。

んで・・・タイトルなのですが。。。

その華々しい演奏会の前には必ず練習をします。

環境の整ったオーケストラは音響のいいホールなどで練習しますが、僕の場合・・・まぁ、youtube観てください。

僕は、この練習風景こそが、リラックスして楽しんでもらえる場ではないかと、いつも思っています。

40歳を超えたころから僕はほとんどCDなどを聴かなくなりました。(クラシックだけですが)
それは、ライブ録音ですら編集されマイクで拾った疑似ホール効果を多用しているからです。

練習風景は、良い悪いは別にして・・・楽しいです。
音楽が出来上がっていく工程を見聞きできます。

本番・・・・ミスったら、それはそれで、通過してしまいますが、練習こそミスすると止まります。止めます。

どんなにいい音楽(クラシックだけではなく)でも練習(リハーサル)は観ていても聴いていても楽しいです。

クラシック音楽は今、色んな所で使われています。
テレビ・ラジオのCMや番組内であったり、街のあらゆるところから聴こえてきます。

知らず知らずのうちに、皆さんはマーラーやブルックナー、およそ聞いたことのない作曲家たちの音楽を耳にしています。
違和感ないでしょ?街に流れてるクラシック音楽^^

僕は、演奏者も観客も同じ感動や喜びや楽しみを共有できる・・・そういう音楽が好きです。



あくまで個人的な意見です。
youtubeは
ベートーヴェン交響曲第7番 第4楽章 リハーサル風景です。
デジカメ録画のため音めちゃ悪いです^^;

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

なかむらゆういち

livedoor 天気
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ